表具師の徒然草 [ とぜんそう ]

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾の旅・その壱

<<   作成日時 : 2016/12/05 17:19   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 2

なんと10月末に更新し11月をジャンプしてしまいました。
着地したらもう師走入りです。

前記事で触れましたように今回は「台湾の旅」です。
台北市を中心に台湾の北側を巡る4泊5日の日程。
近頃仙台空港から台北間の便が増え便利になりました。
と、思ったら一社が早々に撤退、その分の便数は従来からの航空会社が引き受けたとか。
往復便とも乗客のほとんどが台湾の旅行客、日本人はどちらの便も10人程度。
今後益々台湾からの旅行客は増えそうです。

さて、初日は夕刻の出発で桃園国際空港には予定通り到着しましたが金曜日と云う事でしょう、着便が多く入国審査は大渋滞。
結局予定より大幅に遅れ、ホテルにチェックインしたのは日が変わり1時半過ぎに。

2日目
翌朝ホテルのロビーで旧友と再会、市内を案内して頂きました。
台北駅、総統府、二二八和平公園、台北二二八紀念館、国立台湾博物館、自由広場、中正紀念堂、
昼食を挟んで猫空へ。
画像

[ 台北駅 ]
画像

画像

[ 台北二二八紀念館 ]
画像

[街頭スピーカー:終戦の玉音放送もここから流れた]
画像

[ 総統府:当日は年長者の足を若者が洗い清めるという行事が開かれていました]
画像

画像

中正紀念堂では衛兵交代の様子、蒋介石の歩み、紀念堂の持つ建築形態の意義を友人から教示頂きました。
展示室には蒋介石の資料が時系列に展示され、なかなか貴重な資料も目にする事が出来ました。
3Dの映像展示に年長の方が手をあわせる姿を見て、未だに人望が厚いのだと感じます。
画像

[ 自由広場 ]
画像

[ 中正紀念堂 ]
画像

画像

[ 衛兵の交代は1時間おき、左右の衛兵は微動だにすることが出来ません ]
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

紀念堂を後にして市内南東にある茶所「猫空/マオコン」に向かいました。
午前中は雷雨でゴンドラが動かなかったので、予定変更か?と諦めていましたが、午後から天候が回復し乗車できました。
午後は少々慌ただしい感じでしたがなんとか本場での烏龍茶を楽しむ事も出来て満足です。
画像

画像

「猫空」を後に、オプショナルツァーの「十分/シーフェン・天燈上げと寧夏路夜市/ニンシアルウイエシー」に参加。
「十分」では生憎雨脚が強まったり、止んだりの空模様。それでも何とか合間を縫って天燈上げを体験できました。
それぞれ紙風船に願い事を書き、風船の中の火の熱気で上昇しています。
何燈かは濡れてしまい上手く上昇しないものもありましたが・・・。
画像

画像

[風船を持ちながらの撮影でピンボケですが・・・・・・]

その後寧夏路夜市に立ち寄りました。
夜市に充満する様々な匂い、光、音からはエネルギッシュな空気に満ちています。
生憎私たちは既に夕食を済ませていましたので、雰囲気だけ味わってホテルに。
ちょっとハードでしたが充実の日となりました。

3日目
台湾鉄道に乗り、「鶯歌/インクー」へ。
画像

陶芸博物館を訪れ、台湾陶芸の変遷を観覧。
開催中の陶芸公募展で日本人作家の作品も数点入選しており、学芸員の方が日本人と分かるとわざわざ作品まで案内してくれました。
画像

その後陶磁器の老街を散策。
画像

画像

画像

画像

タクシーで「三峡老街/サンシアラオチエ」へ。
統治時代、樟脳・茶・藍染の地場産業の水運で富裕層の街として栄えたところです。
建築様式も独特の「騎楼建築様式」とても趣深い表情を醸し出していました。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

街角に散見する「日本」もあって、親日家が多い土地柄を感じます。
画像

画像

名物?の「金牛角」所謂クロワッサン[米粉で作られているように感じました]を買い求め、スイカジュースとでランチとしました。
画像

お茶や筆を買い求め街中を散策、立派なお寺では熱心に礼拝される方達で一杯でした。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


どの観光スポットも最近の傾向ですが、ノスタルジーな空間をリノベして今風のカフェや雑貨点がここでもみられます。
世の中の変化に準じて対応変化していく、大切な事なんですね。

三峡から再び鶯歌駅へ、台北に戻り2度目のオプショナルツアーに参加。
今宵はあのアニメのヒントにもなったとかの「九份/チウフェンと饒河街観光夜市/ラオフーチエクワンクアンイエシー」に参加。

人気で入店に暫し行列やむなしという「阿妹茶酒館・アーメイチャーチウクワン」にさっと入店。
烏龍茶のお点前サービスを受け、テラスから夜の海を眺める事が出来ました。
画像

画像

画像

豎崎路/シューチウルウ石階段を登り、基山街を散策。
こちらは老舗の茶舗、ここの方が落ち着いた雰囲気です。
画像

画像

画像

花文字で希望の文字を書いてくれるお店で揮毫を依頼し、九份唯一のお土産となりました。
画像

市内に戻り、饒河街観光夜市へ。
名物胡椒餅を買い求め、夜食となりました。
その後、連合いは美顔マッサージ、親爺は足裏マッサージですっきり。
3日目の夜が過ぎて行きました。

                                   


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ラプンツェルだ!千と千尋だ!
興味があるのはこういうことばかりでございますが・・
行かずに海外旅行を楽しませていただきますね。
メイ
2016/12/15 20:22
メイ様
お変わりありませんでしたか?
天燈上げ、そういえばアニメに似てますね。
[残念ながら私はあれは見ていませんが・・・グリム童話の方は読んだ記憶があります]
昼間でも天燈上げはやっているようですがやっぱり夜空に浮かぶ光景が見たくて。生憎雨脚が強くて残念な点もありましたけどまずは満足しております。
九份はさすがに人気のスポット、混んでおりましたがそれでも普段よりだいぶ空いていると言ってました。
台北旅行、ホテルにこだわらなければ最近は随分安くいけますね、食事もおいしいですし、街も綺麗ですよ、是非お出かけください。
suikoushiya
2016/12/16 10:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
台湾の旅・その壱 表具師の徒然草 [ とぜんそう ]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる