表具師の徒然草 [ とぜんそう ]

アクセスカウンタ

zoom RSS 「小満」の頃

<<   作成日時 : 2016/05/26 17:57   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 4

先日ニュースで皇后様がお蚕に桑の葉を与えていらっしゃる様子が報道されていました。
「蚕起食桑/かいこおきてくわをはむ」の頃らしい光景です。
当地仙台の街路樹は新緑からワントーン緑が濃くなりましたし、山々には藤やニセアカシア(ハリエンジュ)、ウワミズザクラなどが見られるようになりました。
画像

近所の麦畑の麦も穂がしっかりしてきたようです。

少し時期が戻りますが今月初旬、仙台の北にある三本木町は菜の花祭りで賑わっていました。
画像

画像
画像

連休中は、我が家は一寸した民宿状態で、入れ替わり人の出入りがあって、ホストに徹した「休暇」となりました。
そこで連休明けの日、月曜日に福島へノープランドライブに出かけた顛末です。
「羽鳥湖」という響きにつられ、一路高速道を白河まで南下。
羽鳥湖周辺を周り、「羽鳥湖レジーナの森」から「ブリティッシュヒルズ」へ。
移築したという趣のある建物群、なかなかの規模にも行ったことが無い英国の雰囲気を楽しみました。
どうやら外語専門学校の運営に依るもののようです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

その後猪苗代方面に北上。
一休みして、帰宅するか一泊するか・・・・。
当日予約できるネットサイトから、猪苗代のホテルリステル猪苗代にチェックインしました。
土湯温泉あたりに空室は無いかと探しましたが、思う様な宿がなくホテル泊まりです。
でも二人で8000円、ツインで和室付き、食事は別ですが温泉も有りましたし満足の「飛び込み」です。

磐梯山に沈む夕陽が猪苗代湖に映って印象的でした。
画像


翌日、磐梯吾妻スカイラインをドライブ。
途中の浄土平までの折り返しですが、途中猿の集団に遭遇したり、いつもは東北道から見慣れた安達太良山を北西から眺めたり、吾妻小富士にミニ登山したりとのんびりドライブです。
画像

このスカイライン、昨年秋9月の関東東北豪雨によって道路の一部が崩落、復旧工事で全面開通は暫し先の様です。あの時は我が家の地区にも避難勧告が出され、各地に水害被害をもたらしました。
まだまだ今までの各地の天災被害が癒されてい無いのに、次から次と再三の地震被害。
気が休まりませんね。
スカイラインを戻り、新野地温泉をスルーして福島郊外、フルーツラインをさらに北上し飯坂インターから東北道に乗って帰宅の途に付きました。
途中国見SAでは、仙台秋保温泉で開かれるG8会議の警備応援らしく、千葉県警機動隊の車列が占拠状態でした。こちらは無事終えた様で、何よりです。
今は伊勢志摩G7、こちらも先ずは無事終えてほしいものです。

急遽思い立ってのドライブ旅行。
連れ合い様にもご満足いただいた様で、我が家のG2会議?も無事終了となりました。



                         



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。スゴイ菜の花畑ですね。こんなに一面が真っ黄色なのは見たことありませんねぇ。。
nas-nas
2016/05/26 21:37
nas-nas 様
ここは夏に「向日葵畑」に変わります。
春にはこの様に菜の花で埋め尽くされますが、昨年は不作で「菜の花祭り」が中止となりました。
自然相手ですから難しいですね。
小さな花が集まると、見応えがあります。
suikoushiya
2016/05/29 15:31
このブリティッシュヒルズに行きたくて、去年バスツアー申し込んだのですが、人気だったようで、あっという間に埋まってしまいました。その後値段が大幅にアップしていたので、いまだに行けません。
なんだかイギリスに昔から惹かれる女です。
奥様、フットワークの良い旦那様でお幸せですね?ウチのオジサンはお尻が重くて、蹴っ飛ばしてもなかなか腰を上げません。ゆえにどこにも行けず(自分では行かない)老婆になってから文句タラタラ言っていそうな予感です。人を頼ってはいけないんですけどね。
メイ
2016/05/29 17:25
メイ様
ご実家からの方が近いかもしれません、でも丁度中間くらいでしょうか?
見応えはありますが館内見学ツアーに参加するとか、レストランで食事するとかしないと2時間が限度かもしれません。
イギリスの都市部の雰囲気もいいですが、郊外の雰囲気は憧れます。同じ田舎なのにどこか絵になります。日本の田舎も絵になりますが、古今入り混じり中途半端な素材や形状がしっくりしないからなのでしょうか?
先ずはパスポート不要ですからのんびりハンドルを握ってみては如何でしょうか。
suikoushiya
2016/05/30 11:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「小満」の頃 表具師の徒然草 [ とぜんそう ]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる